高度肥満者の味方、食欲抑制剤

食欲抑制剤なら、簡単に体重が落ちそうだという考えは人の心をひきつけています。たいがいの人が淡い空想をいだいていますが、実はそんなに効きません。食欲抑制剤は高度肥満者のために研究された特効薬で、急速に落とすためのものでも、楽に痩せるためのものでもないからです。

普通は、どんな薬品でも副作用がありますが、その副作用の中で食欲不振に注目して研究されたのが食欲抑制剤です。ですから、どの薬品にも副作用があります。副作用には不眠、不安感、動悸、高血圧、心臓うっ血、頭痛、渇口、脳内出血、肝臓障害などです。

このために、効き目を上げると副作用が強くなりすぎますし、副作用を食い止めると、効き目があまりでないのです。もしも、飲食制限なし、トレーニングなしで、強力に痩せられるという食欲抑制剤があるとしたら、それは必ず強い副作用があり、あなたの健康を害するものです。

エフェドリン、フェニールプロパノラミン、フェンフルラミンは似通った化学構造をもっていて、いずれもハーブから抽出されます。私はこのうち、エフェドリンとフェニールプロパノラミンを使ったことがあるので、参考のために紹介します。食欲抑制剤がどのくらい効くかは、配合されている量によります。私が使用した食欲抑制剤は、デキサトリム社のダイエットエイドとナチュラルで、ダイエットエイドにはフェニルプロパノラミンが75mg、ナチュラルにはエフェドリンが12mg含まれています。

ダイエットエイド
朝、朝食を少なめに食べます。お腹がすいてくる10時頃にダイエットエイドを1錠飲みます。昼食を普通に食べると、3時のおやつは要りません。夕食を普通に食べたら、ダイエットエイドが効いている間に早く寝ます。全体としては、飲食の量を減らすというよりも、間食しないでいられる分だけが助かるという感じです。実際のところ、Diet7の体重グラフを見ると、私の摂取カロリーのグラフは、食欲抑制剤を飲んでいる期間は大波小波がぴたりと収まっています。

ちなみに、日本の一部の風邪薬にはフェニルプロパノラミンが150mg入っていますが、ダイエットエイドの量はその半分ですから、食欲が減退するというような感覚を受けることはありません。

健康情報:シアリス体験談